【農作業風景】甘長とうがらしの袋詰

甘長とうがらし

品種名 あまとう美人

ハウス栽培なのでうまく作れば10月中旬でも

けっこうな量を収穫できます

作付けしている農家が比較的少なく

市場価格も安定している感じです

なので、直売所向けにおすすめです

 

 

直売所ではピーマンの方が需要が高いですが

ライバルも多く、物量が多いので

出荷ピーク時は1袋100円を下回ることも多いです

 

ある程度の量を作るのであれば

甘長とうがらしのほうがピーマンより儲かると思います

甘長とうがらしのおすすめの調理法は

間違いなく鉄板焼で丸焼きですね

しっかり焼くとジューシーで柔らかくなり

辛くないので子供でもバクバク食べてくれます

 

直売所で出荷時にお客様からよく辛くないですか?って

聞かれますが、たまーに辛いものがあると答えています

辛いものはなかなかないので

もしあれば

当たりと呼んでラッキーアイテムとして楽しんでいます

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。